サプリメント選びのコツ

サプリを買うときに確認すべき事

ドラッグストアなどで販売されているサプリメントを買う時の商品選びの際、留意しておきたいことがあります。どんなことでしょうか。

 

サプリメントは医薬品ではなく食品のカテゴリで販売されているため、厚生労働省の定めに従った成分で製造されていなければなりません。加工食品にカテゴリー分けされているサプリメントは、食品販売の許可がなくても売ることができますが、守るべき法律はあります。

 

サプリメントを販売する時は、薬事法や、食品衛生法など、逸脱してはいけない法律があることを、まず理解しておくことが重要になっています。サプリメントを販売する時に、薬のような効き目があるような説明文はつけられません。

 

サプリメントは栄養補助食品として販売されていますので、医薬品のように特定の疾患を改善する効果があるように記載することはできず、仮にそういう書き方をすると薬事法に違反します。

 

店舗販売以外の形式でも同じことがいえるので、訪問販売や、通販でも、効能書きはできません。様々なサプリメントが販売されていますが、時には法律に違反をした売り方をしているメーカーもあるので要注意です。

 

基本的に、サプリメントは公正取引法や、景品表示法に従って表示内容を決められていますので、オーバーな宣伝をしている商品は注意する必要があります。

 

市場に流通しているサプリメントの種類が膨大なものになっていますので、サプリメント選びで行き詰まっているという方もいます。

 

サプリメントについてより詳しく知りたい時は、インターネットのサプリメント情報サイトが役立ちます。市販のサプリメントについてより詳しく知りたいという場合は、ネットで大まかに情報を集めて、比較してみると分かりやすいでしょう。